<< 立秋 | main | 白露 十五夜 >>

処暑

0
    風 少し 鳴らして 二百十日かな

                   尾崎紅葉
                   「紅葉句帳」



    変わりやすい秋の空は 処暑のころから
    始まることが多い。
    天地が寒くなり始め、朝晩は冷え
    こむようになり、マツムシやコオロギの声に
    秋の訪れを感じるころです。

    また、9月1日は立春から数えて210日目。
    稲の開花の時期でもあり、台風の特異日のひとつでもあります。



     
    すいてんぐうさん * 歳時記(二十四節気) * 11:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ