<< おめでとうございます                    まのいちゃん 平成23年4月14日生まれ | main | おめでとうございます                    紗佳(さやか)ちゃん 平成23年6月25日生まれ >>

『Hou先生のプチアロマ講座』                    【aroma lesson5】 (後篇)

0
    露の晴れ間の 
     















    みなさま、こんにちは。

    『セラピーサロン ロサンテ』の鮑恵瑛(ホウ ケイエ)です。

     

    この度の東北地方太平洋沖地震により
    被害を受けられました皆さまに

    心よりお見舞いを申し上げます。

    一日も早い復興と復旧を心よりお祈りしております。

     

    大震災より約三ヶ月が経過しました、
    これからセラピーサロンとして出来る事、

    セラピストとして出来る事、
    それはお客様お一人お一人のココロとカラダを

    今まで以上に心を込めてケアさせて頂く事だと思います。

     

    ココロとカラダのケアは
    アロマテラピーの一番得意な分野です!

    このような時にこそ是非アロマテラピーを
    日々の生活にお役立て下さい。

     

     

    それでは前回の(前篇)に続き、
    今回のテーマである『精油の抽出方法』について

    残りの3つの方法をご紹介致します。

     

    デリケートな香りの植物や、
    熱に弱い精油成分を含む植物から精油を

    抽出する際に用いられる方法がい鉢イ諒法です。

    以下の三つの方法で得られた精油を
    「アブソリュート(Abs.」と呼び、

    溶剤が少し残ってしまう場合があるので
    精油として扱わないセラピストもいます。

     

    【精油の抽出方法】

     

    L脂吸着法

    油脂が芳香成分を吸着する性質を利用して、
    牛脂や豚脂を用いて植物中の芳香成分を

    得る方法です。

    芳香成分を吸着し、
    飽和状態になった脂をポマードという。
    最終的に
    ポマードからアルコール処理によって脂を除去し、
    芳香成分だけを取り出す。

    冷浸法と
    温浸法がありますが、
    現在は手間とコストがかかるため商業的にはほぼ行われていない。

     

    ご発性有機溶剤抽出法

    石油エーテル・ヘキサンなどの揮発性の有機溶剤に、
    植物中の芳香成分を溶かし出す方法。

    デリケートな花の芳香成分の抽出は、
    油脂吸着法に代わり現在ではこちらが一般的です。

     

    ツ粁彝ξ体抽出法


    比較的新しい方法で、
    溶剤抽出法の溶剤残留の欠点を克服した方法です。

    液体と気体の
    間の超臨界状態で、
    植物の芳香成分は二酸化炭素に吸着され、
    圧力を通常に戻すと

    二酸化炭素が再び気化して芳香成分だけが残る。

    この方法は安全性は高いが

    高価な装置が必要であまり一般的ではない。

     

     

    以上後篇では3つの方法をご紹介致しました。

     

    少し難しいお話になりましたが、
    みなさんが普段お使いになられている精油は
    それぞれの植物に

    一番最適な方法で、さらに様々な工程を経て
    やっと得られるとても貴重なエッセンスなんです。

     

    あの瓶には植物の恵みが
    ぎゅっと詰まっていますので、
    最後の1滴まで大事にお使いくださいね(*^_^*

     

    それでは次回【aroma lesson 6】では『アロマテラピーの作用』

    についてご紹介したいと思いますのでお楽しみに♪

     

    ご質問お待ちしています。

    当ページのコメントまでお気軽にお寄せ下さい。


    プロフィール
    鮑恵瑛(ホウケイエ)
    神戸市生まれ
    >
    『セラピーサロン ロサンテ』主宰

    (社)日本アロマ環境協会認定
    アロマテラピーアドバイザー
    アロマテラピーインストラクター
    アロマテラピーセラピスト

    マタニティアロマセラピスト

     


    参考サイト
    (社)日本アロマ環境協会ホームページ
     
    http://www.aromakankyo.or.jp/index.php

     

    参考文献

    『アロマテラピー検定テキスト1級』 1999915日初版発行

    『アロマテラピー検定テキスト2級』 1999915日初版発行

    発行 日本アロマテラピー協会 (現(社)日本アロマ環境協会)

     

    Therapy salon rosante

    http://www.rosante.net

    650-0012

    神戸市中央区北長狭通4丁目5-12-1

    すいてんぐうさん * プチ講座(アロマセラピー) * 20:16 * comments(0) * trackbacks(1) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    アロマテラピー教室が自宅に!

    もしも、費用も時間もなかったアロマ初心者が自宅にいながらアロマテラピーを習得できるとしたら知りたくありませんか?アロマバス、オイルマッサージから化粧水、乳液、香水作りといったスクールでしか教えてもらえなかった技術も習得できます。

    From 初心者のための、本格アロマテラピー講座 @ 2011/06/26 6:48 PM
    このページの先頭へ